遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー)U23日本代表『聖地ウェンブリーで悔し涙!』(3位決定戦は因縁の日韓戦!絶対に負けられない

<<   作成日時 : 2012/08/08 10:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

日本男は守れず 逆転涙/サッカー - BIGLOBEニュース
U23日本代表、準決勝は44年ぶりの因縁の相手(釜本さんのGoal!で勝利し、アジアで唯一のメダルを獲得した試合…。)メキシコ代表に1−3の結果で『聖地ウェンブリーで悔し涙!』(3位決定戦は因縁の日韓戦!本当に絶対に負けられない試合!特に、この世代は何度も彼らに煮え湯を呑まされた相手でもあり、この舞台でリベンジを果たさないとイカン!でしょ。)

画像


画像


Twitterでは、こう呟いていたのですが…。

@asobinin_you: 大津が叩きこんだ!ワールドクラスのゴラッソ!日本が先制!1−0!歴史が動くぞ! #u23 #daihyo #Olympic #nhkbs1 #bs1 #tbs #gorin @NHK_Olympic

で、同点にされて、前半終了した際…。

@asobinin_you: 同点に追いつかれたけど悪くはない!チャンスは必ずある!今回は偉大なる先輩たちの『銅』以上を狙えるチャンス!「栄光への架け橋」は『聖地ウェンブリー!』にあるぞ! #u23 #daihyo #Olympic #nhkbs1 #bs1 #tbs #gorin @NHK_Olympic

って、気合を入れ直したのですが…連日連戦の疲れがピークに達し、寝落ちしてました(汗)(それが良くなかったのかなあ〜!)




記事より抜粋

<ロンドン五輪・サッカー:日本1−3メキシコ>◇7日(日本時間8日)◇男子準決勝◇ウェンブリー
金メダルはならなかった。男子五輪代表が準決勝でメキシコに敗れ、決勝進出を逃した。前半12分にFW大津祐樹(22=ボルシアMG)が先制点を決めたが、その後3点を失い、同点に追いつけなかった。日本は1968年以来44年ぶりの銅メダルをかけ、ブラジル対韓国の敗者と10日にカーディフで3位決定戦を戦う。
持ってるチャラ男がサッカーの聖地ウェンブリーででっかい仕事をやってのけた。前半12分、左サイドのMF東からボールを受けたFW大津は、ワントラップすると、右足でこん身のミドル弾を決めた。ボールをゴール右上に突き刺すと、迷わずベンチ前に走り、関塚監督の胸に飛び込んだ。
前日にはなでしこが決勝進出。「もう決勝まで泣きません」と語っていた大津は「絶対歴史を変えたい。女子には刺激を受けているが、女子に負けたくない。金メダルをとって帰りたい」と気合を見せていた。日本を応援する青い風船がスタンドで飛び交う中、95年のアンブロ杯に出場した日本代表DF井原以来となる日本人のウェンブリーでの得点。7月21日の親善試合での決勝点をほうふつとさせる強烈なシュートだった。
チャラ男と呼ばれるが、実は責任感のある心優しい男だ。昨年3月11日の東日本大震災から3日後、大津は柏で食料を買い込み、実家のある水戸へ一般道で6時間かけて向かうと、数に限りがある中、家族だけでなく近所の人にも惜しむことなく配り回った。見た目から、軽く見られがちだが、そんな姿はピッチでも同じだった。
日本は準々決勝の翌日5日に選手村入り。だが、これまでホテル暮らしだった選手たちにとって、他競技の選手たちが大勢いる選手村の空間は実は集中力を切らすマイナス要素だった。多くの選手が「1度入ってみたかったけど、ざわざわしていてホテルのほうがいい」と漏らしたほど。だが、そんな環境の中、選手たちはなるべく部屋の中で過ごすなどして集中力を保ち、この1戦に臨んだ。
関塚監督は、4日の準々決勝エジプト戦で左太ももを打撲し、6日の練習に姿を見せなかった俊足FW永井を先発で強行起用した。関係者によると、中2日での準決勝に備え、電気治療やはり治療を施して痛みを軽減。永井はジャンプできるまでに回復し、足を引きずることなくピッチを走った。
日本は大津の先制点後、守勢に回る時間が増え、前半31分にCKからFWファビアンに頭で同点弾を献上。前半を1−1で折り返した。
日本は後半20分、GK権田からのスローイングを受けたMF扇原が相手にボールを奪われ、FWペラルタがミドル弾。メキシコに逆転を許した。
関塚監督は同26分、MF東に代えて長身FW杉本を投入。大津をトップ下、永井を右MFに据える攻撃的布陣で同点ゴールを狙った。さらに同32分にはMF清武に代えてMF宇佐美、同38分にはMF扇原に代えてFW斎藤を投入。ボランチを1人にして果敢に同点ゴールを狙ったが、メキシコの堅守を崩すことは最後までできず、ロスタイムにも失点。なでしことのアベックでの決勝進出はならなかった。

以上


…ハイライト映像はこちら!

自分が再び目覚めたのが…後半15分過ぎぐらいからで、2点目を奪われた権田からのスローイングを受けた扇原が相手FWのヒメネスに簡単にボールを奪われ、FWのペラルタがミドルシュートで勝ち越された時「あちゃ〜!やられた!」って思っちゃいました。(但し、相手がハーフタイム中にエースFWのドスサントスを下げて、フレッシュな選手(長身FWのヒメネス)を投入していた事には気づかず…。少々パニっくってしまったのですが…。)
今朝の各テレビ局で試合のハイライト場面でリプレイ流してましたけど…。
(よく見てたら、全員タラタラと歩いてたね…。疲労蓄積で疲れてるのは分かるけど、大一番で気合を抜いて歩いてちゃダメだよなあ〜。ひとつの綻びが大事故に繋がる「典型的な一例ですね!」U23世代は…このへんが、まだまだ経験が浅い!)

で、自分も緊張の糸が切れて…再び寝落ちしてました。
(したがって、後半26分、MF東に代えて長身FW杉本を投入。大津をトップ下、永井を右MFに据える攻撃的布陣で同点ゴールを狙ったが…。さらに後半32分にはMF清武に代えてMF宇佐美、同38分にはMF扇原に代えてFW斎藤を投入。ボランチを1人にして果敢に同点ゴールを狙った『ある意味、不可解な采配ぶり…。』には全然気づかず(汗))

そこから再び目覚めたのが…後半40分過ぎぐらいからで、
「あれ?清武や東、扇原がいない!何故下げたの?」って思っていたら…ロスタイム過ぎにダメ押しの追加点!万事休す…。(完敗でしたね!)

画像


メキシコにいる自分のAmigoは…。自分たちの親世代から言い伝えられた悔しさを果たせた事で狂喜乱舞してる旨をメールで伝えてくれた(彼らとて44年ぶりの因縁にリベンジした事の意義は凄い快挙らしいが…。)正直、悔しかったです。

けど、この日、2失点目の原因をつくった扇原あたりの奮起と、チーム全体の結束は上がってくる事をホントに期待してます。こういう経験が後の選手人生の中で『必ず活きてくるハズなので…。』

余談ですが…8日未明にTBS系で放送されたロンドン五輪サッカー男子の準決勝、日本−メキシコ戦の平均視聴率は、関東地区で17・8%、関西地区で14・9%だったことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。

瞬間最高視聴率は、関東が22・7%、関西は19・9%だったらしい。


コレは、この前の親善試合でのU23日本代表vsメキシコ戦の模様…。
(この時の杉本のポストプレーからの大津のゴラッソGoal!から流れが良くなったような気がしていて、現に前半戦は、この流れの感じだったのですが…。この試合の前までu23日本代表も吉田麻也をはじめDF陣が『絶好調!』で無失点に抑えている唯一のチームだったのに…。ただ、いつもながらメキシコのスペイン語での実況は「アツいですよね(笑)」)

この結果、準決勝で負けて、3位決定戦での相手がブラジルに負けた韓国!


…ハイライト動画はこちら!『因縁の日韓戦!』だけは避けたかったのですが…。(彼らとの因縁は…実は、このu23世代やオーバーエイジ枠で招集された徳永や吉田も含め「一番煮え湯を飲まされた相手!」でもあります!)

そして、1年前の『札幌での惨劇!(過去Blog下記URL参照)』のリベンジに相手のu23韓国代表は相当心に秘める決意をもって、日本代表に挑んでくる事が予想されます。なんせ相手の監督は洪明甫(ホン・ミョンボ)が率いてますからね〜!ホントに厄介な事になりそう…。

洪明甫(ホン・ミョンボ)は3位決定戦でぶつかる日本について、「短いパスを多用し、スピードもある」と分析した上で「(韓国には)Jリーガーが多い。彼らが助けになってくれるはず」と期待を示した。そして、「最大のライバルだけに最後は気力の勝負になる」と締めくくった。死闘は覚悟の上…。



サッカー)日韓戦:本田も香川も追加点、日本3―0!故:松田直樹の背番号「3」に捧ぐ勝利(イイね〜!)

http://91583298.at.webry.info/201108/article_1.html


…この時の日韓戦(親善試合)の実況中継は、TBSだったんだよね(笑)

けど、今回も含めサッカー日本代表の『公式戦』で、彼らが実況中継をすると「必ず負ける負の連鎖!」のジンクスは今回も覆す事が出来なかったよね!
(W杯決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦、W杯3次予選の北朝鮮戦(A)、ウズベキスタン戦(H)と今回のロンドン五輪準決勝のメキシコ戦…もはや、日本サッカー協会(JFA)は男女ともサッカー日本代表の『公式戦』での中継権を剥奪すべき?なのでは…って、考えてしまうのでは?相性の悪さを物語ってますよね…。前日本代表監督の岡田サンへのバッシング問題も含めて、何らかの対策を練らないと…。親善試合はそれなりにイイのですが!)


特に、この試合でフル代表デビューを果たした清武は…徹底的に狙われる可能性があるので、注意が必要!
(他にも大津や永井、扇原あたりが狙われる可能性があります。怪我なく、無事に試合が終了し「アジア勢唯一のメダル獲得国のタイトルだけは防衛したいトコですよね(笑)」)


韓国に敗れメダル無しだけは絶対に避けたい!
なでしこジャパンのほうは『金もしくは銀!』メダルを確定!させただけに…。

『頑張れニッポン!もうひと踏ん張りだ!』

人気ブログランキングへ
↑ 良かったら、クリックして下さいマセ!
  このBlogのランキングが上がります…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ ← 良かったら、クリックして下さいマセ!   このBlogのランキングが上がります…。 ↑ 翻訳ツールです。(但し、当てにならないかも?) It is a translation tool. (However, is it unreliable?)   Google翻訳のほうがいいかもしれませんね!   It might be better translated Google! まあ、クリックして下さいマセ!  
サッカー)U23日本代表『聖地ウェンブリーで悔し涙!』(3位決定戦は因縁の日韓戦!絶対に負けられない 遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる