遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪

アクセスカウンタ

zoom RSS F1)今回の「F1 LEGENDS THE BEST GP '91-'92」を観て思った事(どう?)

<<   作成日時 : 2012/12/31 16:55   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 0

さて、今回…2年ぶりに「F1 LEGENDS THE BEST GP '91-'92 〜完全保存版〜」と称して、CSのフジテレビNEXT及びONEにて『復活!』したのですが…。自分はアレを『真の復活!?』とは呼べないような複雑な思いで観ているのです。
特に今回は、放送当時に番組を担当されていた関係者が誰もいない…意地悪な表現をすると「冷凍食品!」と揶揄してしまうほど、興醒めしているのです。(まあ、今回、解説をされてる小倉サンは現代の目線で、当時を解説してるので…その点では問題は無いのですけど、わざわざ初回放送をLiveで観ながらTwitterで呟きたい!という衝動に駆られるような感じには残念ながら…イマイチなれないんですよね(笑))

2年前の時(「F1 LEGENDS THE BEST GP '89-'90 〜完全保存版〜」)は、今宮サンと馬場サンの「放送当時に番組を担当されていた関係者」が…あの当時は言えなかった「ここだけの秘話!」を楽しんだり…Twitter上でのTLにも表れてますが、当時を知るファンからも絶賛されていたんですけど、今回のは「う〜ん…。」やっぱりイマイチなんです。

代表的な事例はコレ!(前のヤツは面白かった!)

F1)F1 LEGENDS '89-'90(90年イタリアGPを観ながら…。馬場鉄忘サンの自虐ネタ!

http://91583298.at.webry.info/201102/article_10.html

他にも、過去に遡ればいろいろとありますけどね(笑)!

若い世代はアイルトン・セナがレースをしている映像を観れるだけでも「ありがたい!」って感じてるかもしれないのですが…。アレは本物の感動が伝わってこない点(そういう意味でも、当時のフジテレビ独自映像のありがたみを感じずにはいられないのです。)

そして、前回からの踏襲で2年分を纏めて16戦を…セレクトしているのですが、この点についても、少々物足らないトコがありまして…。

『何故、その年の1年分にマトを絞って全16戦を振り返れないのだろうか?』
(2013年は…可夢偉クン不在でも一応延長!2014年以降は未だ決まっていない為?フジテレビ内も少々焦ってるのか?)

つい、この前、2012年F1グランプリ総集編が23日(日)に放送され…全20戦を5時間をかけて振り返れたのですが、結構忘れている事も多いし、映像やナレーション(特に今回は…久々、窪田等サンが担当!)で改めて気付く事も多かったなあ〜!って感じましたし、昔の仲間でセナの死をきっかけに…ライトなファンになっちゃった人(全戦は観ないけど総集編は観る人です。)は総集編は「ロード・ムービーのような…」主人公の成長していく姿に例えてる方もいて「…これは、あながち間違いじゃないなあ〜!」って思ったりもするのです。
(まあ、今回は何と8人もグランプリ・ウィナーが誕生(優勝者順にバトン、アロンソ、ロズベルグ、ヴェッテル、マルドナド、ウェバー、ハミルトン、そして8人目はライコネン)し、6人のワールドチャンピオン経験者(ヴェッテル、アロンソ、バトン、ハミルトン、ライコネン…まあミハエルは残念でしたけど!)が争うハイレベルなシーズンでしたよね!)

F1)2012年F1グランプリ総集編を観て思った事(やっぱり、窪田等サンのナレーションは絶妙です!)
(下記URL参照)

http://91583298.at.webry.info/201212/article_1.html

最終的にはヴェッテルの3連覇達成!で幕を閉じましたが…波乱万丈!
(筋書きのないドラマティックな展開でした!)

で、話を「F1 LEGENDS THE BEST GP '91-'92 〜完全保存版〜」戻しますが…。
セレクトされたレースは現時点で把握してる情報で…

http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/912200285.html

@91年 開幕戦アメリカGP(フェニックスでの最後のレース…。)
A91年 第2戦ブラジルGP(セナ、涙の母国での初優勝!)
B91年 第5戦カナダGP(マンセル…最終LAPまさかのトラブル!茫然自失のフランク・ウィリアムズ!)
C91年 第7戦フランスGP(マニクールでの初年度:プロストのフェラーリ643トップ独走もハイテクウィリアムズFW14に逆転負け!マンセル「男泣き!」)
D91年 第10戦ハンガリーGP(本田宗一郎氏が死去し、喪章を付けての『HONDAの弔い合戦レース!』)











こちらは、当時のF1グランプリ総集編より流用してますが、雰囲気は分かるハズです。今のスタジオ実況&現場解説と違って…現場で全て作られ、エモーショナルな感じの独特の雰囲気を醸し出してるトコがイイ!
(まあ、古館アナの実況も賛否両論ありましたが…フジ独自のカット割りが評価されてる作品だったりするのです。このへんは…昔、松野サンがプロヂューサーを務めていた頃の評価の高さを裏付ける事にもつながるのですがね!)



例えば91年ハンガリーGPでの…当時のフジの独自映像だったマンセルに『DRINK』のサイン・ボードを促した件は解説陣(津川サン&今宮サン)と実況:馬場アナとピットリポーター川井ちゃんのやり取りは絶妙だったのですが…今は現地解説とスタジオ実況&解説の温度差が微妙にあって(距離感を感じ…少々ギクシャクしてるんですよね!

E91年 第11戦ベルギーGP
F91年 第13戦ポルトガルGP
G91年 第15戦日本GP

年明けは…6日(日)は休止(CS無料の日なのに!姑息なフジテレビの対応!)、
13日(日)に一挙3本纏めて放送!けど、鈴鹿の初回放送は『真夜中の午前1時!(誰が見るんだよ!)』









画像


以上が91年のレースを8戦分セレクトしたモノなんですが…。

フランスGPでプロストが逆転負けを喫した時に「このあとのレースって…絶不調に陥るから、つまんない!」と誰かさんがTweetしていたのですが、その年の半分しか放送出来ない事による弊害は他にもあるのです。

自分は悟サンのファンでもあるので、日本人初のF1ドライバーに敬意を表して…ドイツGPでの引退発表と最終戦オーストラリアGPでの「あっけない幕切れ!」は放送して欲しかったのは否めないトコでもあります。





(まあ、当時の映像がモロモロの諸事情で使えないので…多少の諦めは仕方ない事で理解は出来ますけど、勿体無い!)

91年のF1グランプリ全16戦についての動画映像については去年、そんな思いも込めてBlogに綴ったのが…

F1)2011年F1グランプリ総集編(特番で『魂!』を吹き込めるナレーションを今回の担当アナは?)
(下記URL参照)

http://91583298.at.webry.info/201112/article_13.html

他にも、ベルギーGPで「緑」のジョーダンからデビューしたミハエルが僅か1戦で次のイタリアGPでは「黄」のベネトンに電撃移籍を果たす件(くだり)やフランスGP以降イギリスGP、ドイツGPと真夏の高速3連戦を征したマンセルの無敵っぷり(シルバーストンでガス欠になったセナをハコ乗りさせたシーンも「お蔵入り」)等、いろんなエピソードが満載だったのに…ホントに残念!


これもオリジナル版の実況のほうが盛り上がる一例だと思いますが
…91年ポルトガルGP(言わずと知れた「アレ!」マンセル、その年のシーズン最大の悪夢…。)


そして、92年のレースについての放送予定(確定情報)は…
(2013.1.20…テコ入れ策として解説に今宮サンを投入)

H92年 開幕戦南アフリカGP
I92年 第6戦モナコGP(例の「50回記念!」の歴史に残るセナvsマンセルのバトル!)










問題は…このレースの進行役(誰が仕切るんだろう?)
但し、放送枠が「2時間10分」設けられてるんですよね!
当時のオリジナル版を「思い切って放送!」するならサプライズ!なんですがね(笑)

ここからは自分が予想した放送予定…当たるかな?

J92年 第8戦イギリスGP(マンセル母国でポール・トゥ・ウィンの『完全優勝!』)
K92年 第10戦ハンガリーGP(マンセル早くもワールドチャンピオン決定!)
L92年 第11戦ベルギーGP(ミハエル初優勝!「最初の勝利!」)
M92年 第12戦イタリアGP(セナがMP4/7Aで勝利した最後のレース!)
N92年 第15戦日本GP(第2期ホンダ…ラストランはあっけなく!)
O92年 最終戦オーストラリアGP(ベルガーが第2期ホンダの最終レースの勝者!当時のここ数年の勝者はセナ、プロスト、マンセル、ピケしか勝者はいなかったぐらい…ミハエルとベルガーの勝利は超異例のケースでもあった!)






まあ、今回の進行役に小倉サンを据え(トークもバッチリ!局アナいらず!)、解説及びゲストを当時、現場で実況していた三宅キャスターもしくは解説されてた今宮サンor川井ちゃんor津川サンor森脇サンを招く形なら「かなり魅力的な番組構成!」なんですが…。
(このアイデアって、どう?皆さんトークが上手いので…結構イケると思うのですがね!)

まあ、現状では添え物のような扱いの局アナの立場が…。
(元々…空気みないな存在じゃん(笑))
今の進行役なら…あの程度でいいのかもしれませんね!
(ポエム塩原アナも竹下アナも福永アナも最低限の仕事は出来てるし!)



モータースポーツ ブログランキングへ
↑ 良かったら、クリックして下さいマセ!
  このBlogのランキングが上がります…。


F1 (エフワン) 速報 2012年 10/18号 [雑誌]
三栄書房

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by F1 (エフワン) 速報 2012年 10/18号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Spark 1/43 ロータス F1 E20 モナコGP 2012 #9
国際貿易

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Spark 1/43 ロータス F1 E20 モナコGP 2012 #9 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

1/20 グランプリシリーズ No.46 フェラーリ F2012 マレーシア GP
フジミ模型

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/20 グランプリシリーズ No.46 フェラーリ F2012 マレーシア GP の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




FW14BイギリスGP (1/20 グランプリシリーズF1 No.17)
フジミ模型

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FW14BイギリスGP (1/20 グランプリシリーズF1 No.17) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
F1)カナダGP 今昔物語(エキサイティングかつドラマティックな歴史の数々を振り返る…。)
さて、2013年シーズンのF1グランプリも序盤の6戦を終え…そろそろ勢力図が見え隠れする今日この頃…。 毎年、大荒れに荒れエキサイティングかつドラマティックな結末を迎えるカナダグランプリの歴史の数々を振り返ってみたいと思います…。 因みに、今のモントリオール(ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット)に舞台を移したのが、35年前の1978年の秋の頃の御話(当時は終盤戦に組み込まれていたのです。)1976年に、この場所で五輪競技のボートレースが開催されてた事もあって、この話の途中に出てくる「いかだ... ...続きを見る
遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪
2013/06/03 17:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ ← 良かったら、クリックして下さいマセ!   このBlogのランキングが上がります…。 ↑ 翻訳ツールです。(但し、当てにならないかも?) It is a translation tool. (However, is it unreliable?)   Google翻訳のほうがいいかもしれませんね!   It might be better translated Google! まあ、クリックして下さいマセ!  
F1)今回の「F1 LEGENDS THE BEST GP '91-'92」を観て思った事(どう?) 遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる