遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪

アクセスカウンタ

zoom RSS F1)ベルギーGP 決勝…。オープニングLapでグロージャンが台無しにしてくれたやるせないレース!

<<   作成日時 : 2012/09/05 11:04   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 0

大波乱のスタートとなったF1第12戦ベルギーGP決勝リポート! - BIGLOBEニュース
ベルギーGP決勝…日本中のモータースポーツ・ファン(当然、可夢偉クンが2番手スタートで決勝レースのマシン・セッティングもバトンより有利な状況にあり…日本人最高位更新どころか初優勝の可能性もあったのに!…。)が固唾を呑んで待ち焦がれたのに、グロージャンの馬鹿野郎が『ミサイル・モード!』で突っ込んだせいで台無しになってしまいました…。まあ、あの後にモナコGP決勝レースを見直して観ましたが…あの時よりも明らかに酷い!厄介なのはアロンソとハミルトンの2台を巻き込みドライバーズ・チャンピオン・シップ争いを混沌化(カオス)させた件は重罪モンですよ(怒)


2012年のモナコGP決勝ハイライト映像より…。グロージャンは空間認知能力が欠如してる!

詳細はこっちのハイライト映像を観てほしい!

F1)2012年3月17日(土)…フジテレビ(地上波)F1中継がテレビ画面から消えた日(後日談その1

http://91583298.at.webry.info/201205/article_1.html

画像

痛々しいアロンソのオンボード映像…。



今回の『Mega Crash!』アロンソもハミルトンも咄嗟の判断でステアリングを離したりしてなけりゃ、バックフラッシュで腕とかヒビが入るくらいのヤバい事故!(せっかくのニュー・エンジンにも当然ダメージが残ったよね!こっちのほうが今後を考えると痛かったのでは?)


実は、その昔…エディ・アーバインが94年のブラジルGPでヤラかした事故を思い出したのですが…(あの時は3戦出場停止!)、今回の処分はイタリアGPの1戦のみ出場停止処分(プラス5万ユーロの罰金!)って、チョイと甘すぎるのでは?
明らかにフランス政府が絡んでいるとしか言いようが無い!グロージャンがスイスとの二重国籍者で「予選一発のタイム・アタックだけ!」なら速さを誇ってる今シーズン最も8人目のウィナーに近い存在(まあ、ライコネンのほうが可能性は高いが…彼は元ワールドチャンピオン!)とはいえ、ライセンス剥奪処分にしてやってもイイくらい、馬鹿げた事をしたように思えるのです。(スーパーアグリで井出クンが2006年に喰らったように…。まあ、あの時は政治的に弱者だった事も起因してるのですが!)


Peterson's Accident Monza 1978

極端な例かもしれませんが、1978年のイタリアGPモンツァ・サーキットでの『悲劇!』については過去Blogでも振り返ってます。

F1)イタリアGPプレビュー(モンツァでの回顧録…ヴェッテル初優勝他〜R・ピーターソンの事故死まで)

http://91583298.at.webry.info/201109/article_3.html

今のGP2出身ドライバー(一応、現役組ではグロージャン、マルドナド、ペレス、ハミルトンなど)は…今の安全基準を履き違えてるフシがあるように思えるトコもあり、マシンをクラッシュさせる事に罪悪感がないのでは?って思わせる感じがするのです。ピケJr.などは、その最も悪い一例なのですが…。アロンソなどはテストドライバーを経験してF1マシンのありがたみを一番理解してるドライバーと、クソレベルのドライバーとの『歴然たる差!』を如実に晒した感じでもありましたよね。

また、フジテレビがF1中継を始めた頃からのファンの方々には、このアクシデントのほうが馴染みがあるのでは?

F1)F1 LEGENDS '89-'90(90年イタリアGPを観ながら…。馬場鉄忘サンの自虐ネタ!
(下記URL参照)
http://91583298.at.webry.info/201102/article_10.html

「この派手なパラボリカでのD・ワーウィックのクラッシュ・シーンが思い浮かぶのですが…。」
でも、このあと何もなかったか?の如く、ワーウィックはピンピン!してるんですよ
(ホントにタフ!)…。
しかもTカーへ向けて一目散に駆け足で行くんですからね〜!
(ピット・リポーター達を振り切り、中には若かりし頃の川井ちゃんの姿も!当時の
フジテレビ独自映像では映ってたのですが、今回は国際映像ベースなので…。(笑))


93年も結構ヤバいクラッシュが多かった!

Accident - Pierluigi Martini and Christian Fittipaldi - Italian GP 1993 - Monza
(このアクシデントには…ホントにビックリしたモンです!)


ハイライト動画を添えて…。
(チョイとやるせない気持ちになってしまいますが!)

記事より抜粋

日曜日の決勝レース。24台のマシンがフォーメーション・ラップを終えてスターティング・グリッドに着くと、なんと最前列に並ぶ可夢偉のマシンのフロント・ホイール付近から煙が出ている。ブレーキが過熱してしまったらしい。そんな中、スタートを知らせる赤いシグナルが1つずつ灯り、それらが一斉に消えてレースがスタート...と思いきや、降格して6番グリッドにいたマルドナドのマシンだけが、シグナルが完全に消えるよりも先に素早く動き始めてしまう。それからやや遅れて他の全車がスタート。マルドナドにはフライング・スタートの疑いが掛かり、レース後に審議されることになった。

逆に、スタートで出遅れたのは「何故だか分からないが、思った以上にホイール・スピンしてしまった」という小林可夢偉のマシン。すぐ後ろにいたペレスは、チームメイトを避けるように右(奇数列側)にステアリングを切る。

その動きが気になったのか、あるいは隣のルイス・ハミルトン(マクラーレン)を牽制しようとしたのか、8番グリッドからスタートしたロータス・ルノーのロマン・グロージャンは、ペレスよりもさらに右側に進路を変え、7番手スタートのハミルトンに幅寄せ。コース脇まで追いやられたハミルトンは寄ってくるグロージャンをこれ以上避けようがない。挙げ句、2台はもつれるように激しく接触(上の画像)。グロージャンのマシンは跳ね上がり、1コーナーに差し掛かっていたアロンソのフェラーリに追突し、さらにペレスと可夢偉、2台のザウバーを巻き添えにしてコースの外へ飛び出した。

この事故で、アロンソ、ハミルトン、グロージャンのマシンが大破。すぐにセーフティ・カーが出動する。マシンを降りたハミルトンはグロージャンに詰め寄り、「頭がおかしいんじゃないか?」とジェスチャー付きで抗議(下の画像)。一方、アロンソはマシンの中でしばらく動けず。コース・マーシャルにシートベルトを外してもらい、ようやくマシンの外へ出る。シューマッハの記録まであと1つというところまで迫っていたアロンソの連続入賞は23で途切れてしまった。ペレスもマシンを壊し、そのままリタイア。小林可夢偉は傷ついたマシンですぐさまコースに戻り、ピットへ入って壊れたフロント・ノーズを交換。セーフティ・カーに先導されているマシンの隊列の、最後尾についてレース再開を待つ。

4周目にセーフティ・カーが戻り、5周目からレースが再スタート。このときの順位は、ポール・ポジションから上手くスタートを決め、混乱に巻き込まれなかったバトンがトップ。2位にこちらも事故を避けられたライコネン。3位には11番手スタートだったフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグが大きくポジションを上げ、4位に同じくフォース・インディアのポール・ディ・レスタが、こちらも9番グリッドからジャンプ・アップ。5位のミハエル・シューマッハ(メルセデス)は13番手からのスタートだった。

この周、ライコネンのペースが上がらず、ヒュルケンベルグに抜かれてしまう。この後の無線のやり取りで分かったことだが、ライコネンのマシンは5速ギアに入らないというトラブルを抱えていたようだ。6周目を終えたとき、トップのバトンと2位ヒュルケンベルグとの差はすでに3.6秒にまで拡がっていた。7周目にはシューマッハがディ・レスタをかわして4位に。彼はちょうど20年前にここで初優勝を挙げ、しかもこれがF1参戦300戦目となる記念レース。予選では出遅れたが、今日は表彰台まであと一歩というところまで来ている。その周の終わりに、小林可夢偉は再びピットへ戻りタイヤ交換。スローパンクチャーが起きていたそうだ。

これで順位は、1位バトン、2位ヒュルケンベルグ、3位ライコネン、4位シューマッハ、5位ディ・レスタ、そして6位ダニエル・リカルド、7位ジャン・エリック・ベルニュというトロロッソ・チームの2台が続き、8位ウイリアムズのブルーノ・セナを挟んで、9位マーク・ウェバー、10位セバスチャン・ベッテルと、レッドブル勢が続く。2台のトロロッソが、2台のレッドブルよりも前を走っているわけだ。TVの画面で観ていると見間違いそうになる。9周目、ベッテルがウェバーの前へ出る。

10周目の終わりに、後続を抑えていたディ・レスタがタイヤ交換のためにピットへ。11周目、シューマッハがライコネンをパスして表彰台圏内へ。その周の終わりにライコネンとウェバーがピットへ戻りタイヤを交換する。

13周目のシケインで、ベッテルがセナをオーバーテイク。14周目、トラブルを抱えているはずのライコネンがファステスト・ラップ(ここまでの中で全車中最速ラップタイム)を記録。タイヤ交換を終えてコースに戻ったヒュルケンベルグの前に出ることに成功する。

多くのドライバーが1度はタイヤ交換のためにピットインしている中で、まだタイヤを交換していないシューマッハが2位、ベッテルが3位に順位を上げている。トップのバトンもまだピットに入っていない。

19周目を走り終えたところでシューマッハがピットへ。このとき、すぐ後ろに迫っていたベッテルの前を横切るようにピットロードへ向かったため、この行為がレース後の審議対象に。

次の周にはトップのバトンもタイヤ交換のためにピットへ向かう。マクラーレン・チームは、作業時間わずか2.6秒という迅速さでバトンをコースへ送り出す。バトンは1位のままレースに戻る。

さらに遅れて、ようやくベッテルが1回目のタイヤ交換へ。レッドブル・チームの作業時間は3.7秒。コースに復帰したときには、シューマッハの前に出ることに成功していた。

これで順位は、1位がバトン、2位ライコネン、3位ヒュルケンベルグ、4位ウェバー、5位がフェラーリのフェリペ・マッサ、6位にベッテル、7位リカルド、8位シューマッハとなる。

27周目の終わりには、ヒュルケンベルグ、ウェバー、マッサが2度目のタイヤ交換のためにピットへ向かう。次の周にはライコネンとリカルドも2回目のピットイン。ベッテルはついに2位までポジションを上げてきた。これを追う3位がシューマッハだ。

31周目のシケインでライコネンがシューマッハをかわして3位へ。しかし次の周のストレートではシューマッハがDRS(可変リアウイング:一時的に空気抵抗を減らして最高速度を上げることが出来る追い越し用装置)を使ってライコネンを抜き返す。だがこれでバトルは終わらない、34周目、急な上りこう配を駆け上りながらほぼ全開で連続する緩いカーブを抜けていく「オー・ルージュ」の飛び込みで、ライコネンはシューマッハを再びオーバーテイク。シューマッハはこのスパ・フランコルシャン・サーキットで史上最多の6勝を記録しており、片やライコネンは5回参戦して4勝を挙げている。2人とも得意としているコースなのだが、今回はライコネンに軍配が上がった。タイヤ交換を1度で済まそうとしていたシューマッハ陣営だったが、予想以上に消耗していたようだ。作戦を変更して35周目の終わりに2回目のタイヤ交換をするためにピットへ。これで表彰台が遠のく。

36周目には、マッサがウェバーを抜いて前へ。現在のチャンピオンシップ・ポイントは1位がアロンソで2位がウェバー。マッサはチームメイトのアロンソを援護したことになる。その頃、アロンソはTwitterで「やあ、みんな応援メッセージ有難う!僕は元気で、今はもう100%モンツァ(次戦)のことを考えているよ。フォルツァ(頑張れ)、マッサ、フェラーリ!」とつぶやいていた。

そして44周のレースが終わりチェッカーフラッグ。スタートからピットストップの時間も含めて1度もトップを譲らなかったジェンソン・バトンが優勝。今季2勝目を挙げた。2位は1回のタイヤ交換で走り切ったセバスチャン・ベッテルが大躍進。チャンピオンシップ・ポイントでもウェバーを抜いて2位となった。3位のキミ・ライコネンはマシン・トラブルにも関わらず、スタート時の順位を守った結果となった。レース開始直後の事故に巻き込まれ最後尾までポジションを落とした小林可夢偉は、その後も粘り強くレースを続け、13位でゴール。レース後にマシンを降りてから、サイドポッドやその他の部分が壊れているのを見て、なぜ自分が遅かったのか、分かったそうだ。

序盤の大きな事故はグロージャンに責任があるとみなされ、次戦イタリアGPにおける出場停止処分と5万ユーロ(約492万円)の罰金が科せられた。

また、フライング・スタートをしたマルドナドは、本来ならレース中にドライブスルー・ペナルティが科せられるところだが、再スタート後の5周目にティモ・グロックと接触してリタイア。フライングに対して5グリッド+グロックとの接触で5グリッド、ということで次戦イタリアGPでは10グリッド降格となるペナルティが科せられた。

なお、レースの結果順位は以下の通り。

優勝 ジェンソン・バトン(マクラーレン・メルセデス)

2位 セバスチャン・ベッテル(レッドブル・ルノー)

3位 キミ・ライコネン(ロータス・ルノー)

4位 ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア・メルセデス)

5位 フェリペ・マッサ(フェラーリ)

6位 マーク・ウェバー(レッドブル・ルノー)

7位 ミハエル・シューマッハ(メルセデス)

8位 ジャン・エリック・ベルニュ(トロロッソ・フェラーリ)

9位 ダニエル・リカルド(トロロッソ・フェラーリ)

10位 ポール・ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)

11位 ニコ・ロズベルグ(メルセデス)

12位 ブルーノ・セナ(ウイリアムズ・ルノー)

13位 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)

14位 ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム・ルノー)

15位 ティモ・グロック(マルシャ・コスワース)

16位 シャルル・ピック(マルシャ・コスワース)

17位 ヘイキ・コバライネン(ケータハム・ルノー)

18位 ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRT コスワース)

今回アロンソがノー・ポイントに終わり、ベッテルが2位に入ったことで、2人のポイント差は24に縮まった。さらに8ポイント差でウェバー、そこから1ポイント後れてライコネン。マクラーレンの2人にもまだまだ権利があるだろう。

次戦イタリアGPは…9月9日の現地時間14時、日本時間21時に決勝レースがスタートする。フェラーリの地元でどのような戦いが繰り広げられるだろうか!?

以上


決勝スタート前は期待していて、ドキドキ・ワクワクしてたのに!

Sky Sports Formula 1 2012 - 12 Belgian GP - Race Outro

BBC Formula 1 2012 - 12 Belgian Grand Prix - F1 Forum

さて、出場停止のグロージャンに代わって3rdドライバーのダンブロジオが出走しますが、彼はピックにシートを奪われた身!今回はマシン差は圧倒的にE20のほうがあるのですが、実戦経験不足でQ1すら通過は厳しそうな感じです。(W_DRSの投入も先送りしましたので、多少戦闘力は落ちてくれるのかな?)

画像

それと、ルイスの馬鹿がTwitterで「うっかり?公開しちゃったデータ」なんですが…。マクラーレンはセキュリティ検証が甘すぎる!ドライバーたちに対しても教育しておかなきゃ駄目ですよね(笑)コレで、もし噂通りメルセデスへの移籍が成立しちゃったら…たぶん、マクラーレン側は提訴に踏み出すのでは?ヤバい状況だよね…。


モータースポーツ ブログランキングへ
↑ 良かったら、クリックして下さいマセ!
  このBlogのランキングが上がります…。



GRAND PRIX CAR名車列伝 Vol.1?F1グランプリを彩ったマシンたち (SAN-EI MOOK)
三栄書房

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GRAND PRIX CAR名車列伝 Vol.1?F1グランプリを彩ったマシンたち (SAN-EI MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

GRAND PRIX CAR名車列伝 Vol.3?F1グランプリを彩ったマシンたち (SAN-EI MOOK)
三栄書房

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GRAND PRIX CAR名車列伝 Vol.3?F1グランプリを彩ったマシンたち (SAN-EI MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
F1)イタリアGP(いろいろありましたよね…。予選と決勝でのTwitter上での呟きを交え振り返る)
【速報】2012年F1第13戦イタリアGP決勝結果! - BIGLOBEニュース イタリアGP決勝…。8番手スタートの可夢偉クンのレース運びに注目しながらフジテレビNEXTで観ていたのですが…FP2でロングランを走れなかったツケは、やっぱり甘くはなかったですね!ペレスの結果(今季2度目の2位入賞!しかもフェラーリ勢のアロンソ&マッサを『瞬殺刑!』にしての価値ある2位!)がFP2で試行錯誤を出来た事も幸いし、レースなら持ち前のタイヤマネジメント能力を活かしながら戦える手ごたえも掴んでいたの... ...続きを見る
遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪
2012/09/10 16:13
F1)2012年F1グランプリ総集編を観て思った事(やっぱり、窪田等サンのナレーションは絶妙です!)
さて、今回の23日(日)16:00〜21:00の5時間にかけてフジテレビNEXTで放送された『2012年F1グランプリ総集編』なんですが…地上波及びBSフジでは残念ながら放送はないそうです。 但し、今回は「誰がナレーションを担当するのだろうか?」って…あまり期待せずに身構えてたら、何と窪田等サンの声が聴こえて来たじゃありませんか!第一声から「これぞプロフェッショナル!」と唸らせるナレーションをされてます。(こりゃ〜5時間の長丁場だけど、頑張って見届けないとイカン!と思ったのは、自分だけで... ...続きを見る
遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪
2012/12/27 00:03
venuscozy.com
ePjx_M[fo _cBI[vj_Ok__O_[W_____&__[XI V_l_D_A@IX_K__y_&_`/EFu_u_O ...続きを見る
venuscozy.com
2017/01/18 15:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ ← 良かったら、クリックして下さいマセ!   このBlogのランキングが上がります…。 ↑ 翻訳ツールです。(但し、当てにならないかも?) It is a translation tool. (However, is it unreliable?)   Google翻訳のほうがいいかもしれませんね!   It might be better translated Google! まあ、クリックして下さいマセ!  
F1)ベルギーGP 決勝…。オープニングLapでグロージャンが台無しにしてくれたやるせないレース! 遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる