遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー)なでしこジャパン猛攻及ばず、初メダル「銀」…米3連覇(正直、悔しい!けど『あっぱれ!』)

<<   作成日時 : 2012/08/10 08:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 1

なでしこ猛攻及ばず、初メダル「銀」…米3連覇 - BIGLOBEニュース
正直なトコで…ホントに悔しい!審判の2度のジャッジ見逃し(前半のハンド見逃しなど)や第3の女:ロイド1人に2Goal!を決められ、日本は後半に澤から大儀見のGoal!で1点差まで追い詰めたのですが…。立ちはだかる壁!相手GKソロの牙城を崩せず…。(特に岩渕の1対1での場面は…ホントに惜しかった!彼女は『あの悔しさを胸に秘め、更に成長してくれる事を期待しつつ…。』)無情のタイムアップ…。キャプテン宮間の号泣する姿に涙し、澤とともに歩んだ「なでしこジャパン!」の一時代の終焉を迎えてしまった事に一抹の寂しさを感じたのは自分だけではないハズです。

画像

けど…最後、表彰式にむかう『なでしこジャパンの面々(笑)』…これを観て、正直和んだ人が多数いたのでは?

画像

なでしこジャパンの面々が手をつなぎながら入場し、先導する形で、アメリカやカナダの選手たちがそれに習う姿勢…。良かったですよね(笑)










…ハイライト映像はこちら!
(動画提供者が関西人である事が分かるテロップは御愛嬌(笑))
けど実況の内山アナの煽り実況&ハワイさんこと川上直子さんの妙な落ち着き?が対照的な構図を醸し出してました。(ラジオの解説をしていた福西の解説はどうだったのだろうか?すっかり忘れてました(笑))

画像


画像

どう見ても「ハンド!」だよね!(下記URL参照)
http://worldfootballnews.doorblog.jp/archives/13800149.html


米国ハンド認める。他も重大なミスジャッジ。なでしこvsアメリカ 決勝戦

両チームとも死力を尽くして戦った好ゲームとなったが、なでしこにとって不利となる「疑惑の判定」があった。今回の五輪で頻発した「誤審」が、この試合でも起きてしまったようだ。

■澤らが一斉に「ファール」だとアピール

問題となったのは前半26分、MF宮間あや選手が米ゴール左側からフリーキック(FK)を蹴ったシーンだ。FKを邪魔するための「壁」に入った米MFヒース選手の左腕に、ボールが当たったのだ。リプレイを見ると、ヒース選手は飛んでくるボールに向かって先に腕を出し、ボールがバウンドして左足に当たっているようにみえる。故意に手を出したのなら「ハンド」の反則だ。

ゴール前を守っていたMF澤穂希選手やMF川澄奈穂美選手ら数人は、一斉に手を挙げて相手のファールをアピールした。ところが主審はこれを認めず、プレー続行となる。佐々木則夫監督は首をかしげ、苦笑しながら手を広げて不満げな様子をみせた。

不可解な判定はほかにもあった。後半開始早々の2分、またも相手ゴール左から宮間選手がFKを蹴る場面だ。この時、ゴール前に詰めていたDF熊谷紗希選手がタイミングよく飛び込んだが、相手ゴールキーパーがパンチングして防いだ。だがよく見ると、熊谷選手のマークについていた米選手が、背後から熊谷選手を両手で抱きかかえてプレーを妨害しているようなのだ。テレビ中継でも、解説者が「ホールディング(反則の一種)をとられてもおかしくない」と話していた。ここでも主審は、米側のファールとはみなさなかった。

いずれもペナルティーエリア内でのプレーだったので、仮に認められていれば日本側にペナルティーキック(PK)2本が与えられたはずだ。しかも、国際サッカー評議会が定める「サッカーの競技規則」第12章には、「意図的にボールを手または腕で扱い、相手チームの得点または決定的な得点の機会を阻止する」プレーをした選手は退場を宣告されるとある。主審が米側のハンドを見逃さなければ、なでしこにはPKが与えられたうえ、米は1人退場となり、前半途中から数的優位に立つことができただろう。試合の行方は大きく変わっていた可能性は高い。

■米紙「反則だとはっきり分かる位置にいた」

米チームの選手も、ハンドがあったと認識していた。米「USAトゥデー」紙電子版では各選手の活躍を称える一方で、「最も重要なプレーとなったのは、ヒース選手のハンドだった」と伝えた。「まぎれもないファール」で、反則裁定が下っていたら日本にPKが与えられて同点に追いつかれていたかもしれない、という。さらに、この日2ゴールを決めた米MFロイド選手が「あれは明らかにハンドだった。彼女(ヒース選手)の腕に当たっていた」と語ったことに触れている。

米「ニューヨークデイリーニュース」紙電子版は、試合結果を「米チームは実に、実にラッキーだった」と振り返る。問題のシーンについては、主審が「反則だとはっきり分かる位置にいたにもかかわらず、笛を吹かなかった」と批判した。主審の出身地、ドイツの日刊紙「ディ・ヴェルト」紙電子版は、「日米戦でのジャッジは素晴らしかった。『あれ』が反則だと裁定していたら」と指摘。同僚が試合前に、この主審を「世界最高の審判」と評価していた言葉を引用しつつ、「だがこの夜は違っていた。ヒース選手のハンドを見逃したのだから」と結んでいる。

インターネット掲示板では、「誰が見ても誤審」と主審を非難する書き込みが並んだ。対戦相手の選手も認めているだけに、日本のファンにとっては、裁定が覆らない「悔しさ」はひとしおかもしれない。それでも、90分間の熱戦を繰り広げたうえで銀メダルを手にしたなでしこは、表彰式で誰もが満足げな表情を浮かべていた。

USAトゥデー紙は、主審が「ハンド」をとらなかったことについて、試合後の会見で佐々木監督がコメントした内容を紹介した。記者に質問されて「何のことでしたっけ」と冗談で切り返した後、こう答えていた。

「主審が何を見ていたかは分かりませんが、私は主審の判定を尊重します」…ノリさんに『あっぱれ!』


記事より抜粋

ロンドン五輪のサッカー女子は9日、決勝が行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)は米国と対戦、大儀見のゴールで追いすがったが、1―2(前半0―1)で敗れ、初メダルは銀となった。
 米国は3連覇。
 試合開始。米国の青に対し、日本は赤のユニホーム。
 米国は早速、長いボールを日本ゴール前に送る。
 3分、モーガンが抜けだし左足シュート、これはGK福元の正面。
 4分、日本は大野が前線にパスを送るが、これは川澄が追いつけず。
 6分、米国はパスカットからすかさず縦パス。モーガンと熊谷が交錯して倒れるがファウルなし。
 8分、米国が先制。ヒースの左クロスをモーガンが受けて更に左から折り返す。これをロイドが頭で押し込んだ。
 12分、近賀が右サイドを走るが、宮間からのパスは合わず。
 14分、米国は右サイドからクロス、ワンバックにわずかに合わず。
 15分、日本は攻め込まれ、CKに。米国の右CKは沢が頭でクリア。
 17分、沢のスルーパスに飛び出した川澄がシュート、こぼれたところを大儀見がシュートに行くがGKソロの飛び出しにあう。
 18分、川澄の左クロスを大儀見がジャンプしてヘッド。GKが手ではじき、さらにゴールバーに阻まれる。
 22分、ワンバックがスルーパスを送るが合わず。
 24分、ボールを拾った大儀見が宮間に預け、前線へ。宮間がクロスを上げるが、これはクリアされる。さらに、宮間がクロス。これはGKソロがキャッチ。
 25分、大野が倒されFKを得ると、宮間がゴール前に送るが壁に当たる。
 26分の川澄の飛び出しはオフサイド。
 28分、岩清水がクロスを頭でクリア。日本ゴールの左ポストに当たる。あわやオウンゴール。
 30分、川澄の左クロスに大野がニアサイドで合わせようとしたが、米国に詰められる。
 33分、大野が左サイドで粘ってクロス、これを攻め上がってきた宮間が左足でシュートするが、バーに当たる。
 36分、川澄が左サイドからドリブルで切れ込み、シュートを放つが、これはうまくヒットせず。
 38分、大儀見がゴール前でボールを落とし、走り込んだ大野が右足でシュートを放つが、ゴール右にわずかに外れる。
 40分、大儀見がプレッシャーを受けてボールを奪われる。カウンターをくらうが、沢がボール奪取。
 42分、ロイドのミドルシュートはGK福元がキャッチ。
 44分、GK福元のパスが米国に渡り、シュートを浴びるが、ゴール上。日本は助かった。
 後半開始。
 47分、宮間の左からのFKに熊谷が頭から飛び込むが、GKソロがパンチング。
 49分、モーガンの突破を熊谷と鮫島が防ぐ。
 51分、モーガンが左クロス、GK福元がパンチングで防ぐ。
 52分、川澄の左クロスに宮間が足で合わせるが、外れる。
 54分、ロイドがドリブルから右足でミドルシュートを決める。米国2点目。
 59分、阪口が下がり、田中(INAC神戸)が入った。
 63分、大野が右から折り返し、沢が中央からシュート。これはいったんクリアされたが、沢が相手選手と競り合いながら必死に飛びつくと、ボールはゴール前に詰めていた大儀見の足元へ。大儀見が左足で蹴り込み、日本が1点を返した。
 66分、大儀見のポストプレーから宮間が左足シュート。これは外れる。
 68分、米国はFKから、シュートまで持ち込むが、GK福元が前に出て防ぐ。
 72分の宮間のFKは米国選手がクリア。
 74分、宮間のFKから、岩清水がシュートを放つが、ルペイルベが体を張って防ぐ。
 75分、モーガンが中央に切れ込みシュート。大きく外れる。
 77分、鮫島に代わり、岩渕(日テレ)が入った。
 79分、日本の右CK。しかし、一転、カウンターを浴びる。モーガンの右クロスにランポーンが頭で合わせるが、これはゴール左にはずれる。
 82分、ロイドの強烈なミドルシュートは外れる。
 83分、岩渕がボールを奪い、そのまま右足シュート。しかし、GKソロがはじく。
 85分、米国はFKからワンバックがヘッド。これはゴール左に外れる。
 86分、大野に代わり、丸山(大阪高槻)がピッチへ。
 90分、宮間のFKはゴール前にうまく入らず。
 ロスタイムは2分。
 日本は敗れた。
          ◇
 日本の先発メンバーは以下の通り。
 ▽GK 福元(岡山湯郷)
 ▽DF 近賀(INAC神戸)、岩清水(日テレ)、熊谷(フランクフルト)、鮫島(仙台)
 ▽MF 阪口(日テレ)、沢(INAC神戸)、宮間(岡山湯郷)、川澄(INAC神戸)
 ▽FW 大野(INAC神戸)、大儀見(ポツダム)

以上


アメリカ代表は…1年前のW杯でのリベンジを果たした事になるので…。(悔しいですよね!けど強かった!)


個人的には表彰式での『メダル授与!』のシーンが好きですね(笑)彼女たちの個性が出ていて面白い!


画像

『聖地ウェンブリー!』のファンに応えるなでしこジャパンの面々…。

画像

表彰式の後、銀メダルを手にお母さんとの2ショットの澤姐さん(ほっとする1枚ですよね!)


2つほど気になる記事が…。

記事より抜粋

目標は男子A代表…佐々木監督、大宮入り有力

ロンドン五輪限りで勇退することが決定的となった、なでしこジャパンの佐々木監督

退任の意思は固まっていた。07年12月の就任から4年9カ月。佐々木監督が視線を遠くに向けて言葉を紡いでいた。「成長度の高い時期に(なでしこジャパンを)率いることができて幸せだった」。あと一歩でメダルを逃した08年北京五輪、開幕前の予想を覆して、頂点に立った11年W杯ドイツ大会、そして重圧に打ち勝ちメダルを獲得した今回のロンドン五輪。米国との決勝は「僕自身の最終章」と位置づけていた。

既に佐々木監督のもとには水面下で複数のオファーが届いている。中国協会から推定年俸1億円の破格の待遇で女子代表監督の就任を打診されており、日本協会も本人の希望があれば女子強化に携わる重要ポストを用意する方針。11年FIFA女子世界年間最優秀監督に対する評価は高いが、佐々木監督の将来の目標は「男子A代表監督」で、今後は男子で勝負したい意向を持っている。

そこで有力候補に挙がるのが古巣・大宮のアドバイザーだ。12年7月まで元日本代表の清雲栄純氏が務めたが現在は空席のポジション。大宮は業務提携を結ぶなでしこリーグAS狭山の吸収合併に向けて動いており佐々木監督に男女のチーム統括を託す方針だ。クラブ幹部は「佐々木監督はアルディージャの財産」と説明。アドバイザーとしてチーム事情を熟知したタイミングで佐々木監督に大宮の指揮を託す青写真もある。

男子の指導者として経験を積むことは男子A代表監督へのステップになり、魅力的なオファーといえる。佐々木監督は81年から大宮の前身である電電関東(後のNTT関東)でプレー。33歳で現役引退後は大宮の監督、強化部長、ユース監督などを歴任した。06年に日本協会入り後も古巣の試合に頻繁に足を運んでおり、愛着は強い。日本協会との契約は9月末まで。FIFAの戦略委員会メンバーでもある世界的名将の今後の決断が注目される。

◆佐々木 則夫(ささき・のりお)1958年(昭33)5月24日、山形県出身の54歳。帝京高、明大を経て、81年に日本電信電話公社に入社。大宮の前身である電電関東、NTT関東でプレーした。33歳で現役引退し、大宮監督などを歴任し、06年に日本協会入り。U―17、U―20女子代表監督などを歴任して、07年12月に女子代表監督に就任した。1メートル75、70キロ。

以上

もう1つの記事が…。次期なでしこジャパンの監督候補について

記事より抜粋

日本協会大仁邦弥会長(67)は9日、ロンドン市内で五輪以降のなでしこジャパンについて触れ「女子サッカーの強化に関してはアンダー世代のコーチをしている本田と話している」と言った。佐々木監督はロンドン五輪後に勇退が有力視されており、佐々木監督の後任が注目されている。

現日本協会育成担当の本田美登里氏(47)は現在、19日に開幕するU−20(20歳以下)女子W杯日本大会で、ヤングなでしこのコーチを務めている。これまで、なでしこリーグ岡山湯郷初代監督を務め、MF宮間を指導しなでしこジャパンの主力に育てるなど育成面での実績を持っている。

ロンドン五輪後のなでしこジャパンが目指すのは2015年女子W杯カナダ大会。ロンドン五輪後、長期的に強化を図る上で、現代表と世代別代表の融合は重要な課題になる。本田氏は世代別代表選手の特徴を知り、さらになでしこジャパンのメンバーも熟知している。

大仁会長はかつて、日本協会の女子委員長を務めた経験がある。「なでしこの躍進は低年代から技術力を構築できたことと、Lリーグ(現なでしこリーグ)時代からの地道なクラブごとの強化にあると思う」と分析し、次世代を託す人材として、今後も地道に強化を実行できる指導者を念頭に置いている。

◆本田美登里(ほんだ・みどり)1964年(昭39)11月16日、静岡県清水市(現静岡市清水区)生まれ。小3でサッカーを始め、清水第八中−清水商を経て国士舘大進学。清水第八SCの選手として全日本女子選手権4連覇。その後読売ベレーザ(現日テレ)に移籍し92年に現役引退。日本代表でもDFとして国際Aマッチ43試合出場。01年に岡山湯郷監督就任。07年には日本人女性初のS級ライセンス取得。昨年からはU−20女子代表コーチを務めている。

以上

本田美登里さんは現なでしこジャパンのキャプテン宮間あやの『師匠!』でもあるので…。
4年後のリオで開催されるブラジル五輪、そしてカナダで開催されるW杯(こっちは2連覇がかかっている!)を目指す事を考えれば、一番良い選択肢なのでは?そしてU-20女子W杯が日本でもうすぐ開催されますが、この世代との融合を果たし『最強のなでしこジャパン!』を新たに結成して『リベンジ!』を成就してほしいトコですね〜!

画像


なでしこジャパンの背番号…女子サッカー日本代表メンバー18名は以下の通り…。

GK:
1:福元美穂
18:海堀あゆみ

DF:
2:近賀ゆかり
3:岩清水梓
4:熊谷紗希
5:鮫島彩
12:矢野喬子

MF:
6:阪口夢穂
8:宮間あや
9:川澄奈穂美
10:澤穂希
14:田中明日菜

FW:
7:安藤梢
11:大野忍
17:大儀見優季
13:丸山桂里奈
15:高瀬愛実
16:岩渕真奈



「日本の誇りだ」「ありがとう」… なでしこ銀メダルに称賛の声殺到

深夜にもかかわらず、試合終了直後には、ツイッター上やコメント、ブログには健闘を称える温かい声が寄せられた。

「いま、彼女たちは、誰よりも、美しい!!」
決勝戦は日本時間では深夜から早朝にかけて行われたにもかわらず、「#nadeshiko」といった関連ハッシュタグでは、

「ありがとう、なでしこジャパン!」

「本当にお疲れ様でした」

といった声が相次いだ。政界から芸能界まで、幅広いジャンルの有名人も感想を寄せた。

タレントの水道橋博士さんは

「日本の女性は強い――。今日の朝、身に沁みた」

と激賞。ジャーナリストの江川紹子さんも、「澤選手の人間としての大きさと品格に、金メダル以上のプラチナメダルを捧げたい」とつづった。ジョン・ルース駐日米大使は

「素晴らしい試合!!! 両チームとも素晴らしい!! アメリカ女子サッカーチームおめでとう」

と両チームをねぎらった、

NHKのロンドン五輪テーマソング「風が吹いている」を歌っている「いきものがかり」の水野良樹さんも「いま、彼女たちは、誰よりも、美しい!!」と、興奮した様子。表彰式での様子を

「ピースして怒られてる(笑)」

とも伝えた。

またヤフーなどのコメント欄では「君たちは日本の誇りだ」「ありがとう、よくやった」「胸を張って帰ってこい」といった投稿が殺到した。

「表彰式でのマナーはどうかと思った」の声も
表彰式では「はしゃぎすぎ」だとして苦言を呈する向きもあったようだ。例えば、「ヒゲの隊長」こと、自民党の佐藤正久参院議員は、「初めてのオリンピックでの銀メダル!健闘にエールを送りたい」としながらも、

「ただ、表彰式でのマナーはどうかと思った。メダルプレゼンターの目を見ないでのカメラに向かってのVサインは、どうかと思う。また米国国旗掲揚時、カナダ選手同様、すぐに姿勢を正すべき」

と指摘。この点は選手側も多少は意識している様子で、丸山桂里奈選手は

「表彰式ではピースするっていうのがあって、私のするタイミングがかなり悪かったです。すみません…みんな表彰台では元気に明るくいこうて頑張りました!最高の笑顔でって!」

とツイートしていた。(まあ、あのタイミングは…確かにイカンよね(笑)!)


JAPAN " Football Sensation " London 2012

【メダリスト映像番外編:なでしこジャパン】記者会見 全選手コメントより

…帰国後のひと言『2020年オリンピックを東京で!』を実現してほしいトコですよね〜(笑)

人気ブログランキングへ
↑ 良かったら、クリックして下さいマセ!
  このBlogのランキングが上がります…。



【FLAGS TOWN】 フラッグスタウン 2012 なでしこジャパン コンフィットシャツ 8番 宮間 WSP BLUE
ABC-MART楽天市場店
【FLAGS TOWN】 フラッグスタウン 2012 なでしこジャパン コンフィットシャツ 8番 宮

楽天市場 by 【FLAGS TOWN】 フラッグスタウン 2012 なでしこジャパン コンフィットシャツ 8番 宮間 WSP BLUE の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サッカー)U23日本代表(3位決定戦は韓国に完敗し44年ぶりのメダル獲得ならず…ホントに悔しい!)
何か、この世代を象徴するような負け方…。特に、この前のなでしこジャパンの決勝戦でアメリカ相手に果敢に攻めて最後までチャレンジをし続け…惜しくも惜敗しても清々しい気持ちになれるのに対して、今回の負け方は『酷すぎる!負けてるのに、シュートは撃たずにひたすら後ろでパス回し…。まさに無気力試合!』技術はともかく覇気や闘志が無くて、根本が闘う集団じゃ無かったところにオーバーエイジの吉田や徳永が入って根性入れ直したら、勝てたのですが…。最後の最後で『一番負けちゃいけない相手!』の韓国にまたしても負け、... ...続きを見る
遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪
2012/08/11 07:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
アホ監督がいらん事こかなきゃ良かった 下らねー試合!
アホ監督
2012/08/26 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ ← 良かったら、クリックして下さいマセ!   このBlogのランキングが上がります…。 ↑ 翻訳ツールです。(但し、当てにならないかも?) It is a translation tool. (However, is it unreliable?)   Google翻訳のほうがいいかもしれませんね!   It might be better translated Google! まあ、クリックして下さいマセ!  
サッカー)なでしこジャパン猛攻及ばず、初メダル「銀」…米3連覇(正直、悔しい!けど『あっぱれ!』) 遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる