遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー)U23日本代表FW永井の『技アリ!』値千金Goal!で12年ぶりベスト8進出!(イイね♪)

<<   作成日時 : 2012/07/30 12:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

永井、技あり千金弾!連勝で12年ぶり8強決めた! - BIGLOBEニュース
いやはや、モロッコ戦での清武の永井を信じて出したパスも素晴らしかったが、決めた永井は更に凄かった!『あの快速っぷりはワールドクラス!しかも、後半の体力的にキツい状況下の中での韋駄天ぶり!そして落ち着いて相手ゴールキーパーの頭上を越す心憎いループシュート!』
そして忘れてはならないのは、キーパーの権田とキャプテンの吉田麻也が身を挺して防いだ気迫に感動しましたよ!
“雑草軍団”と揶揄(やゆ)された関塚ジャパンだが、スペイン戦に続く勝利で意地を見せつけたのですが…。自分の中では『侍(Samurai)ジャパン』の称号を与えても良いのでは?って思ってます(笑)女子の代表は『なでしこジャパン』の愛称が広く知れ渡ってますが、男子も…このまま勝ち進んでメキシコ五輪以来のメダル獲得が果たせた時は如何でしょうか?


画像


画像


画像


画像


記事より抜粋

スコアレスドローが濃厚となってきた後半39分だった。均衡を破ったのはスピードスターだった。ロングボールに抜け出した永井は飛び出してきた相手GKの動きを見ながらループシュートを放った。バウンドしたボールは無人のゴールに吸い込まれていった。殊勲の永井の周りに歓喜の輪ができた。
前半から迫力あるセットプレーで、モロッコゴールに迫った。前半42分、扇原の右CKにニアサイドの鈴木が頭を合わせる。相手GKのキャッチしたボールはゴールラインを割ったかに見えたが、判定は惜しくもノーゴール。同44分には、清武の左CKに、ニアサイドに走り込んだ吉田がフリーでヘディングシュートを放ったが、ゴール右へ。それでも、初戦スペイン戦で大津の決勝弾を生んだ精度の高いセットプレーは健在だった。
0―0で折り返した後半17分には清武がペナルティーエリア外から放った左足ミドルシュート。威力のあるボールは、A代表の経験もあるモロッコGKアムシフの手をはじき、バーに当たり、再びGKの背中に当たったが、ゴールを割ることはできずキャッチされた。
左足首痛で出場が危ぶまれた大津も強行先発。前半39分に相手選手と接触し、再び患部を痛めたが、後半25分にはドリブルから右足シュート。またも相手GKの好セーブに阻まれたが、負傷を感じさせない動きで2戦連続ゴールを狙った。
後半足が止まったモロッコに対し、日本は運動量が落ちなかった。26日のスペイン戦から中2日と過密日程で迎えたこの試合。しかし18日ベラルーシ戦と21日メキシコ戦と中2日で強化試合を組むなど、抜かりはなかった。「試合が続く状況で海外組と合わせることも考え、出場時間、運動量を見ながらやってきた。中2日もベラルーシ戦、メキシコ戦でやっているので問題はない」と話した通り、終盤になるにつれて関塚ジャパンは躍動し、決勝ゴールにつなげた。
場所を移動するとスイッチが入るように選手らの体を慣らしてきた。アジア予選では試合会場近隣で直前合宿を行い、現地入りする日程を組んできた。選手らも「戦闘モードに入りやすい」と効果を実感していた。試合会場を転々とする五輪本大会。グラスゴーからニューカッスルの移動後にも選手らは「切り替えやすい」と話し、万全の態勢で臨んでいた。そしてつかんだ決勝トーナメント。選手たちは試合ごとにたくましさを増してきた。

以上

画像



…ハイライト映像はこちら!

それにしても、初戦のスペイン戦での『グラスゴーの奇跡!』(侍が無敵艦隊を破る大金星!)以来、日本代表の評価は急上昇してますよね!

サッカー)U23日本代表『グラスゴーの奇跡!』U23スペイン代表を撃破!(侍が無敵艦隊を破る大金星)

http://91583298.at.webry.info/201207/article_2.html

この世代のエースである香川真司や宮市亮をクラブの諸事情で招集出来ない中、逆境を跳ね返した今のU23日本代表に『あっぱれ!』です(笑)

で、優勝候補筆頭と言われ、今夏にフル代表がユーロ2012を優勝し、U−19スペイン代表はU-19欧州選手権優勝と、最高のムードで臨んだオリンピックだったのですが、日本戦の後も…まさかの早期敗退にスペインの各新聞社は、代表の戦いぶりを批判している。

『マルカ』は「恥辱のメダル」とショッキングな見出しを付け、驚きを表した。

『アス』は、「ラ・ロヒータ(U−23スペイン代表の愛称)の大失敗」
「将来有望なこの世代は自身のキャリアに取り返しのつかない傷を残した。この失敗は、この世代の成し遂げてきたことを亡きものにしてしまった」と失望を露わにしている。

『ムンド・デポルティボ』は、「ルイス・ミジャ監督は日本戦での失敗を繰り返した。(けがで代表メンバー入りしなかった)チアゴ・アルカンタラの代わりになれるアンデル・エレーラをベンチスタートにし、ハビエル・マルティネスを中盤の底で再び起用した。クリスティアン・テージョの投入も遅すぎた」とミジャ監督の采配を批判している。

まあ、短期決戦の難しさを如実にさらす格好にもなりましたよね…。


この勢いで、グループ1位になって、決戦の地は香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドの本拠地『オールド・トラフォード!(夢の劇場…。)』へ乗り込んでほしい!頑張れ!

人気ブログランキングへ
↑ 良かったら、クリックして下さいマセ!
  このBlogのランキングが上がります…。




ゴールのための論理?絶対サッカー主義宣言〈2〉 (SOCCER CRITIQUE LIBRARY)
双葉社
永井 洋一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールのための論理?絶対サッカー主義宣言〈2〉 (SOCCER CRITIQUE LIBRARY) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ゴールネットを揺らせ?1998FRANCE WORLD CUP 世界に挑む新世代日本代表5人の熱き闘い
光進社
後藤 健生

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールネットを揺らせ?1998FRANCE WORLD CUP 世界に挑む新世代日本代表5人の熱き闘い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サッカー)ザックJAPANvsベネズエラ戦(遠藤、先制弾も後半追いつかれドロー…消化不良の出来)
遠藤、先制弾も後半追いつかれドロー…ベネズエラ戦 - BIGLOBEニュース 何か消化不良の出来でしたよね…。 (まあ、W杯本戦前の「プレ・シーズン・マッチ」なので大甘な評価ですけど!) ロンドン五輪U23日本代表の銅メダルを逃した仇撃ちじゃないけど、『格の違い!』をフル代表の試合で見せて欲しかったのです…。 (でも、対戦相手のベネズエラ代表は結構当たりも強く手強い相手でした。) まあ、前半14分に本田のパスを受けた駒ちゃんが右サイドを突破し完璧なクロスを出すと、ゴール中央に走り... ...続きを見る
遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪
2012/08/16 10:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ ← 良かったら、クリックして下さいマセ!   このBlogのランキングが上がります…。 ↑ 翻訳ツールです。(但し、当てにならないかも?) It is a translation tool. (However, is it unreliable?)   Google翻訳のほうがいいかもしれませんね!   It might be better translated Google! まあ、クリックして下さいマセ!  
サッカー)U23日本代表FW永井の『技アリ!』値千金Goal!で12年ぶりベスト8進出!(イイね♪) 遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる