遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー)U23日本代表『グラスゴーの奇跡!』U23スペイン代表を撃破!(侍が無敵艦隊を破る大金星)

<<   作成日時 : 2012/07/27 09:46   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 1

日本大番狂わせ!スペイン撃破/サッカー - BIGLOBEニュース
FIFA公式『侍(samurai)が無敵艦隊を破る…。』いやはや、やってくれました(笑)U23日本代表(関塚ジャパン)『グラスゴーの奇跡!』なでしこジャパンの勝利を引き継いだ形でイイ感じですよね!前半34分、扇原からの右CKをFW大津祐樹が右足で決めて先制!実は前日に大津の幼少期〜今日に至るまでの苦労話のエピソードの記事を読んでいて見た目の「チャラ男キャラとは随分違うなあ〜!」と思いつつ決めてくれたのは嬉しいですね!
この前のメキシコ代表とのテストマッチで決勝のGoal!を決めて、まさに「ノッテいる感じ!」なんですが、こういう選手が何人も出てくると…今後の戦いも期待出来ます!(途中出場の斉藤学以外に杉本も宇佐美も控えているので!)

画像


あと、韋駄天FWの永井謙佑は…アレはワールドクラスの快速っぷり!
(相手DFのI・マルティネスのファールを誘い、一発退場に追い込んだからね〜!)

画像



フルバージョンはこちら!


…ハイライト映像はこちら!


…チョイ長めのロングバージョンで!(但しロシア語)


GKデ・ヘアを始め、驚異の3J(J・アルバ、J・マルティネス、J・マタ)のワールドクラスの選手たち、途中出場のテージョ、更にこの日は怪我で欠場したムニアイン等…下馬評で勝ち目のなかったチームが起こした「ジャイアント・キリング!」に『あっぱれ!』です(笑)

記事より抜粋

<ロンドン五輪・サッカー:日本1−0スペイン>◇26日(日本時間27日)◇男子1次リーグD組◇グラスゴー
「グラスゴーの奇跡」が起きた。ロンドン五輪日本代表が1次リーグD組初戦で優勝候補のスペインを下し、歴史的な大金星を挙げた。前半34分、右CKをFW大津祐樹(22=ボルシアMG)が右足で決めて先制。スペインが退場者を出し数的有利の中、波状攻撃をかけてくるスペインの猛攻を、DF吉田を中心に守り抜いた。日本は勝ち点3を得て同グループ首位。5大会連続9度目の出場となる日本は、68年メキシコ五輪以来、44年ぶりのメダル獲得へ、願ってもないスタートを切った。
ベンチに座る大津が、両手を合わせて「頼む、頼む…」とつぶやく。1点リードのまま突入したロスタイム。前半で左足を負傷し、後半から交代していた。主審の腕が上がって試合終了の笛が鳴ると、一気に涙が込み上げていた。左腕で目を覆い、ゆっくりと仲間の元へ歩み出した。
100年以上の歴史を持つグラスゴー・ハムデンパークでの決戦。観客がじっと戦況を見詰める独特な雰囲気の中、苦戦が予想されたスペイン戦で先制ゴールを決めた。
前半34分、右CKのチャンス。MF扇原から放たれた大きく弧を描くボールに飛び込んだ。相手選手のマークを振り切ると、右足を振り抜いた。ネットが揺れると、ゴール内にいたMFイスコが思いきりボールを蹴り上げて悔しさを爆発させた。
大津「気持ちの良いゴールでした。決めたいという気持ちが強かったので、決められて良かった。初戦は勝ちたいという気持ちが強かった。最後まで戦ってくれた選手に感謝です。」
目は潤み、声は震えた。優勝候補からの大金星と、自分がいない後半で必死に戦ったチームメートへの感謝の思いで、興奮がおさまらない様子だった。
大津には“金メダル色”の血が流れている。父正志さん(49)は、中京大時代はやり投げの選手だった。アテネ五輪金メダリストで、今大会も出場するハンマー投げの室伏広治(37)の父重信氏(66)が当時監督で、厳しい指導を受けていた。
正志さんは「何事も我慢してやり通す。最後まで諦めない大切さ」を学び、それを息子にも伝えた。大学の同級生だった母由美子さん(49)は走り幅跳びの選手で、高校時代は総体にも出場している。大津も「スポーツのことを分かっているから理解がすごくあった。身体能力は両親から受け継いでいる部分が大きくて、サッカーにも生かされている」と感謝する。
大津の一撃で、さすがの「無敵艦隊」にも焦りが出た。前半41分には、1トップのFW永井が50メートル5秒8を飛ばして抜け出すと、MFマルティネスがたまらず反則、レッドカードで一発退場。まさかの展開で日本は数的優位に立ち、MF東、MF清武ら前線がシュートを浴びせた。守備陣も一丸となり、FWマタ、DFアルバら、優勝した欧州選手権に出場したメンバーを擁する強敵から虎の子の1点を守りきった。
なでしこジャパンとは違い、周囲の期待は薄かった。メキシコ五輪で銅メダルに貢献した元日本代表の釜本邦茂氏(68)は「(メダル獲得は)男子は絶対無理」と言ったほど。引き分けに終わった11日の壮行試合ニュージーランド戦後は、関塚監督のあいさつ中にブーイングが起こった。そんな厳しい目を力に変え、国民をも驚かせる“奇跡”を起こした。
大津は「ここで1回気持ちを引き締めて、メダルを取りにいきたいと思います」と気持ちを落ち着かせるように話した。反骨心を爆発させ、「無敵艦隊」を沈めた。およそ半世紀ぶりのメダル獲得へ、しるした1歩は歴史に残った。

以上

ロンドン五輪U23(関塚ジャパン)の背番号…男子サッカー日本代表メンバー18名は以下の通り…。

GK:
1:権田修一(FC東京)
18:安藤駿介(川崎フロンターレ)

DF:
4:酒井宏樹(ハノーファー96/ドイツ)
5:吉田麻也(VVV/オランダ※)
13:鈴木大輔(アルビレックス新潟)
2:徳永悠平(FC東京※)
12:酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)
8:山村和也(鹿島アントラーズ)

MF:
17:清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)
3:扇原貴宏(セレッソ大阪)
16:山口螢(セレッソ大阪)
10:東慶悟(大宮アルディージャ)
14:宇佐美貴史(ホッフェンハイム/ドイツ)
6:村松大輔(清水エスパルス)

FW:
11:永井謙佑(名古屋グランパス)
7:大津祐樹(メンヘングラッドバッハ/ドイツ)
15:齋藤学(横浜F・マリノス)
9:杉本健勇(セレッソ大阪)

※オーバーエージ枠

余談ですが…ロンドン五輪サッカー男子1次リーグで日本が優勝候補のスペインに勝利したことは「五輪サッカー史上、最大の番狂わせの一つ」(AFP通信)などと世界各地に驚きを持って伝わった。

スペインのサッカーファンは、予想外の敗北に落胆するとともに、日本サッカーの実力を称賛した。マドリードのスポーツバーでテレビ観戦したという会社員、セルジ・ガルセスさん(38)は毎日新聞の電話取材に「単純に日本の方がモチベーションが高かった。日本は女子もW杯で優勝し、男子の代表チームも力をつけている。なのにスペインは甘く見すぎた」と「油断」を敗因に挙げた。

飲食店経営のミゲル・コルドバさん(52)は、市内の自分の店で観戦。「レッドカードには納得できないが、日本の方がプレーが速く、スペインの守備が弱かった。負けた瞬間はお客さんもみんながっかりしたよ」と語った。元会社員のエンリケ・サンスさん(59)は「内容的にも日本の圧勝。日本のシュートの精度が高ければ、もっと差がついていた」と悔しがった。

一方、英国では「日本がスペインに衝撃を与えた」との見出しで英紙インディペンデント(電子版)が速報。英紙タイムズ(同)は決勝ゴールを決めた大津祐樹選手を取り上げ、「オオツが(優勝の)最有力候補を打ち負かした」と報じた。長年のライバル韓国では聯合ニュースが「初戦から異変が続出」と報じ、その筆頭が「優勝候補の『無敵艦隊』スペインが、日本に撃沈されたことだ」と伝えた。

そして、スペイン国内紙のほうは…。

@マルカ紙は『TIENE ARREGLO(処置はまだある)』のタイトルとともに「最悪のイメージで五輪デビュー、日本はスペインを凌駕していた」と伝えた。エンリケ・オルテゴ記者はコラムの中で「日本はフィジカル、テクニック、戦術で良かった。スペインはノーアイデア、先が見えない、最悪な試合だった」と記している。また、イニゴ・マルティネスの退場は「イエローが妥当だが、そのことは結果には影響しない」としている。
個人評価では永井の8.5(10点満点)を最高点に、日本の先発メンバー全員に合格点の6以上を与えた。チーム平均では日本は6.53とスペインの3.96を大きく上回った。

Aアス紙はタイトルに『スペイン、日本の前に窒息』と打ち、フィジカルコンディションの悪さと退場が最悪のドラマを呼んだと伝えた。日本選手に関しては永井をMVPに相当するClackに選んだほか、Dandy(影の主役)に東、Duro(ハードな選手)に吉田を選ぶなど、高い評価を与えている。

Bムンド・デポルティーボ紙のタイトルは『日本はスペインにレッスンを行なった』となっており、「永井と東はまるで『キャプテン翼』のように、いつもスペインDFがボールを触る前にプレイしていた」と報じている。特に東について「シャビが憧れの選手だが、まるでメッシのような10番だった」と評価し、「敗戦がグループリーグの初戦だったのが不幸中の幸い」だったとしている。



人気ブログランキングへ
↑ 良かったら、クリックして下さいマセ!
  このBlogのランキングが上がります…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サッカー)U23日本代表FW永井の『技アリ!』値千金Goal!で12年ぶりベスト8進出!(イイね♪)
永井、技あり千金弾!連勝で12年ぶり8強決めた! - BIGLOBEニュース いやはや、モロッコ戦での清武の永井を信じて出したパスも素晴らしかったが、決めた永井は更に凄かった!『あの快速っぷりはワールドクラス!しかも、後半の体力的にキツい状況下の中での韋駄天ぶり!そして落ち着いて相手ゴールキーパーの頭上を越す心憎いループシュート!』 そして忘れてはならないのは、キーパーの権田とキャプテンの吉田麻也が身を挺して防いだ気迫に感動しましたよ! “雑草軍団”と揶揄(やゆ)された関塚ジャパンだ... ...続きを見る
遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪
2012/07/30 12:04
サッカー)ザックJAPANvsベネズエラ戦(遠藤、先制弾も後半追いつかれドロー…消化不良の出来)
遠藤、先制弾も後半追いつかれドロー…ベネズエラ戦 - BIGLOBEニュース 何か消化不良の出来でしたよね…。 (まあ、W杯本戦前の「プレ・シーズン・マッチ」なので大甘な評価ですけど!) ロンドン五輪U23日本代表の銅メダルを逃した仇撃ちじゃないけど、『格の違い!』をフル代表の試合で見せて欲しかったのです…。 (でも、対戦相手のベネズエラ代表は結構当たりも強く手強い相手でした。) まあ、前半14分に本田のパスを受けた駒ちゃんが右サイドを突破し完璧なクロスを出すと、ゴール中央に走り... ...続きを見る
遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪
2012/08/16 10:41
ざっくじゃぱーん!!
開始早々1点入れられた!! ...続きを見る
星山のんアンテナ
2012/10/16 21:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。

「サッカーの技法をすべての人に」
http://soccer-footballmania.seesaa.net/
管理人の彦と申します。

今回は相互リンクのお願いに書き込みさせていただきました。
まだまだ至らぬところばかりのサイトですが、たくさんの方に見ていただきたいと思っております。
ぜひ当ブログをご覧いただいたうえで、相互リンクをご承諾いただければとても嬉しく思います。

すでに当サイトからはリンクをさせていただきました。
どうかご検討をよろしくお願いいたします。

2012/07/28 16:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ ← 良かったら、クリックして下さいマセ!   このBlogのランキングが上がります…。 ↑ 翻訳ツールです。(但し、当てにならないかも?) It is a translation tool. (However, is it unreliable?)   Google翻訳のほうがいいかもしれませんね!   It might be better translated Google! まあ、クリックして下さいマセ!  
サッカー)U23日本代表『グラスゴーの奇跡!』U23スペイン代表を撃破!(侍が無敵艦隊を破る大金星) 遊び人の優さん 悠々自適な快楽至上主義♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる